むし歯の進行度C3

歯科治療について

こんにちは。歯科助手の曽我です。

むし歯の進行度は、CO、C1,C2までお伝えさせていただきましたね。

今回は、C3についてお話しさせていただきます(*^^*)

~虫歯の進行度C3~

むし歯の原因

むし歯の原因菌(細菌)が歯のエナメル質を溶かして進み、C2では時々痛みを感じたり、しみたりします。

痛いけど、そこまで気にならないし・・たまにしみるくらいだから大丈夫かな・・?と、そのまま放置していると細菌は象牙質をどんどん溶かしていき、歯の神経(歯髄)がある部屋(歯髄腔)まで到達してC3になります。

ここまでむし歯が進行するとこのような症状がでます。

●何もしていなくてもズキズキと痛みを感じる。

●我慢のできない激しい痛みを感じる。(夜に寝られないほど)

●冷たいもの・温かいもの・甘いものがしみる。

みなさん、こんな辛い思いはしたくないですよね(>_<)

これは歯の神経の炎症によって引き起こされる歯髄炎が原因です。

こうなると歯の神経をとらなければいけません。

「歯の神経をとる!」とは、歯の内部に入っている神経を取り除くことです。

歯を抜く!!と思われる方が多いですが、歯は抜かないので安心してください。

【C3のむし歯の治療法】

歯の内部の治療、根管治療をします。歯内療法とも言われています。

むし歯の進行度 C3

むし歯は、一度なると自然治癒することはありません。

何かしらの症状を感じた時には、早めに歯科医院を受診してください。

根管治療については、また詳しくお話しさせていただきますね(^^)/