むし歯の進行度

歯科治療について

 

今回はむし歯の進行度についてお話をします。

「虫歯と言われたが穴もあいてないし、痛みもない」

そんな経験はありませんか?

実はむし歯にもCo~C4という進行度があるのです。

これにより症状の有無や、治療の仕方がかわってきます。

Co~C4、一緒に確認していきましょう。

 

Co

初期のむし歯で症状はほぼありません。要観察のむし歯と呼ばれています。

歯をみてみると表面が白く濁っていたり、歯の溝が茶色くなっていたりします。

 

C1

C1 むし歯

歯のエナメル質が溶けだし穴があきます。

ですが象牙質に進んでいないので痛みはほぼないです。

 

C2

C2

象牙質まで虫歯が進行し、一般的に「むし歯」といわれる症状がでます。

痛んだり、しみたりします。

 

C3

C3

神経まで虫歯が進行。炎症をおこしズキズキとした強い痛みがでます。

痛み止めを服用することも・・・。

 

C4

C4

むし歯により、歯の頭の部分がなくなり、根っこしかない状態です。

神経は死んでおり、痛みなどは感じません。

 

 

Co~C4はこのように進みます。

具体的な症状や治療については、長くなりますのでまたお話ししますね!

アキヨシデンタルクリニック
077-569-5695
受付:月・火・水・金 9:00-18:00

簡単Web予約はコチラ
お問い合わせはコチラ