むし歯の進行度C2

歯科治療について

こんにちは。歯科助手の林(姉)です。

以前に、むし歯の進行度のCOC1について紹介しましたが、今回はいよいよ【C2】についてお話ししたいと思います!

治療が必要になる C2

CO、C1とC2の違いは<痛み>が出て<治療>が必要になることです。

C1では、エナメル質が溶けて…というお話しをしましたが、C2ではそこからさらに進み、エナメル質を溶かした細菌が<象牙質>まで進行します。

見た目は大きな穴があいていなかったりしますが、象牙質は細菌に溶かされやすいので穴があいていなくても、中では横に大きくむし歯が広がっている…!なんてこともあります。

今まで症状がなかったのに急に<しみる><痛い>と感じるのはそのせいかもしれません。

C2 症状

【C2のむし歯の治療法】

①コンポジットレジン充填

むし歯を取り除き、歯と同じ色のプラスチックの樹脂で修復します。

むし歯の大きさ、場所によっては麻酔が必要になります。治療は一回で終わります。

しかし、材質の特徴で、水を吸う性質があるため変色することがあります。

C2治療法 CR

②インレー

臼歯にむし歯ができた場合、咬み合わせの部分であればレジン充填で済みますが、歯ととなり合う部分がむし歯になると型取りが必要になります。

むし歯を取り除き、粘土のようなもので型を取ります。

型取りしたものはすぐにはできあがらないので、後日できあがったものをセメントでつけます。

麻酔が必要で治療回数は2回かかります。

C2治療法 インレー

詰め物は保険適応のもの(銀歯)と自由診療のもの(セラミックなど)があります。

詰め物の種類についてはまた詳しくお話ししますね!

 

以上がC2の症状と治療法です。

治療は苦手な方が多いかと思いますが、大きなむし歯へと進む前に一緒に頑張りましょう!

次はもう少し進んだC3のむし歯について説明しますね(^^)/

 

アキヨシデンタルクリニック
077-569-5695
受付:月・火・水・金 9:00-18:00

簡単Web予約はコチラ
お問い合わせはコチラ