歯ブラシの歴史①

予防歯科について

 

こんにちは。歯科衛生士の野田です。

毎日、歯磨きをするときに使う歯ブラシ。

そもそもなぜ、人間は歯ブラシを使って歯を磨くようになったのでしょうか?

今回からこの「歯ブラシの歴史」についてお話ししていきたいと思います!

歯ブラシはいつから使われているの?

 

その歴史は今から5000年前にさかのぼります。

 

歯ブラシはまず、【爪楊枝】から始まったとされています!

紀元前3000年頃、メソポタミア文明の遺跡から黄金の楊枝が発見されており、これが最古の爪楊枝とされているようです。

古代インドの医書には、口腔洗浄、歯ブラシ、歯磨き、歯石除去についての処方が書かれていて、歯ブラシは「虫食いのない木(ニーム)」を使うように勧めているのです。

 

インドでは今でもニームの小枝を折って歯を磨く文化が残っている地域もあるそうです。

 

日本では、6世紀の仏教伝来とともに「歯木」が伝えられ、歯や舌を清掃するようになったと言われています。

 

では、現在のような形の歯ブラシはいつ登場したのでしょうか。

次回はこの続きからお話ししていきますね😊

 

 

 

アキヨシデンタルクリニック
077-569-5695
受付:月・火・水・金 9:00-18:00

簡単Web予約はコチラ
お問い合わせはコチラ