歯石ってな~に?

予防歯科について

こんにちは。あたたかくなってきたので半袖デビューをしております、歯科衛生士の西川です😊

今日は歯垢(プラーク)と歯石の違いについてお話ししていきますね。

歯石とは?

みなさんは歯石とは何かご存知ですか?歯垢(プラーク)とは何が違うのでしょう。

どうして歯石がついたままだと良くないのでしょうか?

 

磨き残しなどにより歯の表面についたプラークが1~2日そのまま残っていると、唾液中のミネラル分とくっついて石のように固くなります。(石灰化)

細菌の塊が化石になったようなものです。これが歯石の正体です。

歯石の表面はザラザラ・デコボコしているので、残ったままにしておくことで

新たな汚れが付きやすく、増殖しやすいという負のスパイラルに陥ってしまうのです。

歯石は歯周病やむし歯、口臭の原因です。

石灰化してしまった歯石は歯ブラシで落とす事はできないので、早めに歯科医院で除去しましょう!

また、普段から歯ブラシがあたりにくい所に歯石ができます。

正しいブラッシング方法や自分の苦手部位を知ることで、歯石の付着を減らす事ができるので、歯科医院で自分にあったブラッシング方法を教わるのも一つです。

「あ、そろそろ定期検診の時期かも・・」と思った方!いつでもお電話お待ちしております(^^)/

 

アキヨシデンタルクリニック
077-569-5695
受付:月・火・水・金 9:00-18:00

簡単Web予約はコチラ
お問い合わせはコチラ