保定装置の種類について

矯正治療について

こんにちは!歯科衛生士の横山です。

新学期が始まり、学校でも歯科検診始まってますね✨

うちの三男は、不正咬合で要受診の紙をもらって帰ってきました。

今は拡大床という矯正装置で矯正中です。

リテーナーをつける女の子

さて今回は、前回お話ししていたリテーナー(保定装置)の種類についてです。

リテーナー(保定装置)矯正装置と同じように、大きく分けて2つの種類があります。

 

①取り外しのできるリテーナー(可撤式)

飲食やハミガキの時以外はつけておいてもらうものです。

ワイヤーのあるタイプとないタイプのものがあります。

 

②取り外しのできないリテーナー(固定式)

歯の裏側に、ワイヤーをボンドで固定します。

リテーナーが必要な期間は個人差がありますが、長時間装着する場合があります。

美しい歯並びを保つためにとても大事な装置になります😊